2017/05/03

Amazon輸入ビジネスの代行業者についてのまとめ

 

Amazon輸入ビジネスはパソコン1台で
完結することが可能なビジネスです。

ですが、やらないといけないことは
思ったよりもあります。

  • リサーチ
  • 仕入れ
  • 納品作業
  • 収支管理
  • 価格調整

などなど色々あります。

このうちの作業を変わりに
行ってくれるのが
代行業者さんです。

様々な代行業者さんがあるなかで
初心者の方でも身近な存在が
転送代行」と「納品代行
だと思います。

転送代行を通すことで
仕入れの幅が広がります
納品代行を利用することで
作業する手間が大幅に省けます

そこで今回はAmazon輸入ビジネスにおける
代行業者さんについてまとめてみました。

転送代行業者を選ぶときのポイント

ポイント

まずAmazon輸入をビジネスとして
取り組むのであれば
注文を代行してくれる購入代行は
使わないことが大前提です。

購入代行は個人で買い物を
楽しむためのものです。

手数料として10%くらいは徴収されますし
ビジネス向きではありません。

ですが以下のような場合は
その限りではありません。

  • 購入代行を通してしか買えない
  • 請求先が日本だと買えない

というケースがあるので
そういった場合は利用するのは
1つの手でしょう。

その大前提をもとに、様々な
転送代行があるなかから

  1. 費用対効果
  2. サポート体制
  3. 信頼実績

これらの視点を元に総合的に
判断していく必要があります。

サポート体制や信頼実績に関しては
ネットのレビューや業者のHPを
みるのもいいですが

一番は「直接問い合わせること」
これが一番肌で感じられる
判断材料になります。

  • 問い合わせへのレスポンス内容
  • レスポンススピード
  • 提案内容

などなど、返信されてくる内容に
いろんな情報がつまっています。

少しでも気になる業者さんがあったら、
ぜひ「直接問い合わせ」してみてください。

関連記事:転送代行業者を選ぶときのポイントは?

初心者におすすめの転送代行業者

倉庫

それらのポイントを元にして
初心者の方におすすめの転送代行業者に
MYUS」という転送代行業者を
あげさせていただきます。

フロリダ州にある転送業者なのですが
一番の魅力は価格です。

他の業者よりもはるかに安いです。
またあるクレジットカードで決済すれば
大幅にディスカウントされます。

梱包が雑だったり、英語でないと
通じなかったりするデメリットは
ありますが、

初心者にとってコストが
削減できるのは大いに
助かると思います。

また、今までは商品を購入すると
フロリダの州税7%が請求に
加算されたのですが、

MYUSのZIPコードは
免税コードなので
実質無税で買い付けができ
さらに最近使いやすくなりました。

関連記事:Amazon輸入ビジネスで初心者におすすめの転送代行業者は?

納品代行を利用するタイミング

納品

最初にお伝えしたやらなければ
いけない作業の「納品作業」を
代行してくれるのが
納品代行業者さんです。

ただ納品作業については
本業か副業かで利用開始する
タイミングが少し変わってきます。

本業の方の場合、副業の方と違うのは
時間がある」ということです。

初めはどうしても時間を切り売りして
利益を生み出すしかないので

ある程度のところまでは
自分で出荷したほうが
よいのかと思います。

反対に副業の方は「時間がない」ため、
早い段階から納品代行を検討したほうが
よいと言えるでしょう。

初めの1回目くらいはAmazon輸入ビジネスの
全体像をつかむという意味もこめて
納品作業を経験しておいたほうが
いいと思いますが

2回目以降は納品代行に
申込んでもよいと思います。

  • 自分の生産性
  • お金と時間のバランス

これらの視点から総合的に
判断していく必要があります。

関連記事:納品代行を利用するタイミングはいつがいい?

まとめ

飛行機

Amazon輸入ビジネスにおける
代行業者さんについて
まとめてみました。

最初に述べた通り
Amazon輸入ビジネスは
パソコン1台で完結することが
可能なビジネスです。

ですが、自分1人でやっている
ビジネスではありません。

様々な方の人力があって
成り立つビジネスです。

このことはどんなに規模が
拡大していっても
忘れないように
心がけたいことですね。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です