2017/04/06

Amazon輸入ビジネスの作業効率を上げる便利な機能【2017年度版】

 

色々と作業していると

これってもっと簡単にならないかな?

という本当にささいなことから
便利な機能を見つけることって
ありませんか?

真面目に作業していれば
おそらくどなたでも
1つや2つはあると思います。

そこで今回は地味に作業効率を上げる
便利な機能やミニ知識をご紹介します。

たまの雑記だと思って読んで
頂けたら嬉しいです。

Amazon輸入ビジネスの作業効率を上げる便利な機能【2017年度版】

  1. X-Stock
  2. モノレートの細かい機能
  3. ASINの抽出
  4. Chome 自動翻訳を一時的に停止させる
  5. もっとも作業効率を上げる手段

X-Stock

X-Stockを拡張機能に追加して
リサーチをしている方は
ほとんどの方が気づいていると思います。

今年に入ってエラーも少なくなり
とても見やすくなりましたね。

そのおかげで以前より正確に
セラーの在庫数の確認が
できるようになりました。

まだ追加していないという方は
すぐにでも追加することを
お勧めします。

追加はこちらから→X-Stock

モノレートの細かい機能

Amazonの商品のURLを貼ろうとした時

 

リサーチをするときにモノレート
過去のランキング上昇回数から
販売数を予測すると思います。

その際に、何も設定せずに
みてはとても勿体無いです。

動画を見ていただくと
わかると思いますが
「新品」を選択し

それぞれにチェックを入れることで
細かな情報を見ることができます。

特にAmazonでは最安値ではなく
カート価格が重要ですので、
その辺を踏まえ利益計算して
いきたいところです。

ASINの抽出

リサーチをしていてASINをメモって
おきたいことってあると思います。

そんなときに商品ページの下まで
わざわざスクロールしなくても
URLから抜き取れます。

AmazonのASINは一部を除いて
「B」から始まります。

赤く囲ってあるところがASINです。
これで数秒は時間短縮できるはずです。

chome自動翻訳を一時的に停止させる

Google Chromeを使っていると
翻訳させないで表示しておきたいのに
勝手に翻訳してしまうことって
ありませんか?

画像のように選択肢が
出てくれれば良いですが

選択肢も出ず勝手に
翻訳させられてしまう場合に
使える技です。

右クリックを押すと「再読み込み」と
選択肢が出るのでクリックします。

すると再び選択肢のタブが
現れてくれますので
自動翻訳をしない選択肢が選べます。

もっとも作業効率を上げる手段

やはりもっとも作業効率を上げる手段は
いいPCを使うことです。

たかがPCされどPC。
自宅でネットサーフィンしか
しなかった人も
輸入ビジネスでPCを使うようになれば
立派な仕事道具です。

かくいう僕も低スペックな
2011年に購入した11インチの
mac book airを去年まで使っていまして

去年の暮れに持ち運び用に13インチの
MacBook airと家でガッツリ仕事する用に
デスクトップのimac、
それぞれ最新モデルを購入したのですが
作業効率は全然違います。

同じMacなので共有も簡単ですし
とても便利です。

以前使っていたのは処理はそこまで
遅いことはなかったですが

  • ファンは頻繁に回るわ
  • 充電は持たないわ
  • すぐに熱をもつわ

で、今思うとよく使っていたな
と思います。

  • 読み込みが遅い
  • 処理が遅い
  • すぐに熱をもつ

など、もし昔のPCをお使いの方は
早めの買い替えをお勧めしますよ。

まとめ

  1. X-Stock
  2. モノレートの細かい機能
  3. ASINの抽出
  4. Chome 自動翻訳を一時的に停止させる
  5. もっとも作業効率を上げる手段

地味だけどAmazon輸入ビジネスの
作業効率を上げる便利な機能として
5つほどご紹介していきました。

いかがでしたでしょうか?

これ以外にもミニ裏技は
色々あると思いますが

この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です