2017/04/06

Amazon輸入ビジネスで使える基本的な英語表現

 

Amazon輸入は英語は必要ない

などと未だに聞いたりしますが
英語力はないと難しいですし
当然あるに越したことはありません。

単純に小売から仕入れるだけであれば
そこまで苦労はしないと思いますが、

何か問い合わせしないといけない場合は
英文でメールをしないといけません。

それ以外にも直接取引などでメーカーや
セラーとやりとりする場合も
英語が必要になります。

そこで今回はよく使うであろう
英語をご紹介したいと思います。

Amazon輸入で使える基本的な英語表現

  • 便利な翻訳ツール
  • 配送に関する表現
  • 注文に関する表現

便利な翻訳ツール

個人的によく使う翻訳ツールは
以下の3つです。

  • Google翻訳
  • Ginger
  • LINE翻訳

ポイントはどれかに偏らずに
満遍なく使い一番適切であろう
英文を作成
して送ることです。

また、翻訳したらそのまま
すぐに送るのではなく

翻訳された英文を
日本語に一度翻訳し直して
おかしな文章になっていなければ
その文章で送信しましょう。

そうすることで英文の
完成度が高まるため
レスポンスされやすくなります。

また、その他にもWeibloあま英語
コニャックなどの翻訳サイトも
時々使っています。

関連記事:Amazon輸入ビジネスでおすすめの翻訳ツール3選

配送に関する表現

  1. 送料はいくらかかりますか?
    How much does it cost for shipping charge?

  2. 商品は出荷されましたか?
    Were item shipped?

  3. 追跡番号を教えてください。
    Please tell me the tracking number.

  4. どのくらいで荷物は到着しますか?
    How long will the package arrive?

  5. 日本まで直送は可能ですか?
    Is the direct delivery possible to Japan?

  6. AAがまだ到着していません。確認してもらえますでしょうか?
    The AA has not arrived yet. Would you be able to check it?

注文に関する表現

  1. AAの在庫はまだありますか?
    Is there still stock of AA?

  2. 在庫はいつ入庫しますか?
    When is it stocked?

  3. クレジットカードは使えますか?
    Do you accept credit cards?

  4. 日本に代理店はお待ちですか?
    Do you have a branch in Japan ?

  5. 私は〜を注文したいのですが
    I’d like to place an order for ~

  6. 〜を値引きしていただけませんでしょうか。
    Would it be possible to receive a ~ discount?

注意が必要なのは「〜できませんか?」と
聞くときに「Can you〜」を
使ってしまいがちですが

これは少し失礼な表現に
なってしまいます。

そのため「Would」か「Could」を
使うことをオススメします。

まとめ

Amazon輸入で使える基本的な
配送・注文に関する英語表現と
便利な翻訳ツールについて
ご紹介しました。

ある程度のセンテンスのニュアンスが
掴めてくれば、

あとは単語を入れ替えたりして、
その都度表現を変えていくことで
応用が効くと思います。

また英語は簡潔に伝えましょう。
そのほうが先方に伝わりやすいです。

初めは大変かと思いますが、徐々に
英語でのやりとりにも慣れてきますので
積極的に英語を使っていきましょう。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です