2017/04/07

Amazon輸入ビジネスで見るべき大事な指標

 

Amazon輸入ビジネスで
成果を上げるためには
数字管理がとても大切です。

  • 数字を元に分析をして
  • 数字を元に修正をかけて
  • 数字を元に戦略を立てて

というような感じで、
PDCAサイクルを回していく
必要があります。

ただ見るべきところが多くあるので
初めて間もない方は
どこを優先的に見ればいいのか
わからないというような方も
いらっしゃると思います。

そこで今回はまずは抑えたい
Amazon輸入ビジネスで見るべき
大事な指標をご紹介したいと思います。

Amazon輸入ビジネスで見るべき大事な指標

  • 利益率
  • 回収率
  • キャッシュフロー
  • カートボックス獲得率

利益率

この言葉の登場率は
かなり高いと思いますが
とても大切な指標ですね。

仕入れの際でも、日々の売上管理でも
月々の全体の売上管理でも
色々な場面で必要になってきます。

利益率を把握していないで
ビジネスをするということは、
自ら交通事故を起こしに
いっているようなものです。

Amazon輸入に取り組む上で
大事な利益率は

  • 投下資本利益率
    ROIReturn On Investment
  • 売上高当期純利益率
    ROSReturn On Sales

この2つです。

投下資本利益率は投資した金額に対して
どのくらいリターンがあったかを
確認できる指標で、

利益/仕入れ値【原価+販管費(輸送料+関税+FBA手数料)】

Amazonでの販売でいうと
この式で算出できます。

売上高当期純利益率とは
最終的な利益が純資産の増加に
どの程度結びついたかを示しています。

純利益と売上高を割ることで算出できます。

欧米輸入の利益率は最終的におおよそ
ROS20%前後くらいに落ち着けば
まずまずと言われています。

関連記事:Amazon輸入の利益率

回収率

回収率とは仕入れ値を100%としたときに
(仕入れ値=原価+輸送費+関税)

どのくらい利益を上乗せして
キャッシュを
回収できたか
を測る指標です。

納品した在庫を全て消化したとき
100%以上になっていれば
全体として利益を上乗せして
消化できたと言えますね。

回収率は以下のような計算式で
算出できます。

売上金額合計 / 仕入れ値 ×100
(※仕入れ値=原価+輸送費+関税)

この回収率をみることで

  • キャッシュフローの確認
  • 不良在庫の確認
  • リサーチ方法の確認

これらを確認することができます。

一般的に販売開始してから

  • 翌月までに60〜70%回収
  • 翌々月に100%回収

できていればそこそこよいと
言われています。

関連記事:Amazon輸入における回収率

キャッシュフロー

キャッシュフローとは直訳すると
現金の流れ」という意味ですが
その直訳の通り、資金の出入りを(流れ)
把握するための指標です。

キャッシュフローを見ることで

  • 現金が底をつかないように収支のバランスを見る
  • 収支のバランスを見ながら仕入の量やタイミングを見る

これらに活用することができます。

キャッシュフローを元に
仕入れ計画リスク管理をして
ビジネスを進めていくため
とても大切な指標になります。

関連記事:Amazon輸入ビジネスで失敗しないためのキャッシュフロー管理法

カートボックス獲得率

カートボックスは
Amazonで販売する上では
とても大事な指標です。

ご存知の通りAmazonは
1つの商品に対して
複数の出品者が出品する
システムをとっていて

多くの購入者の方が
商品カタログを開いた
ページから購入されます。

わざわざ最安値を探して
購入するという方も
いなくはないですが
圧倒的に数は少ないです。

そのため、商品カタログページの
トップに自分のお店が表示される状態
(=カートボックスを獲得している状態)

になっていないと基本的に
商品はなかなか売れてくれません。

肝心のカートボックスを獲得する条件や
その他の気をつけるべき点に関しては
以下の記事を参考にしてください。

関連記事:Amazonの売上を高めるカートボックスの概念

まとめ

Amazon輸入ビジネスで見るべき
大事な指標として

  • 利益率
  • 回収率
  • キャッシュフロー
  • カートボックス獲得率

この4つをあげさせていただきました。

冒頭でもお伝えした通り
Amazon輸入ビジネスで
成果を上げるためには
数字管理がとても大切です。

特に利益率キャッシュフロー
他のビジネスをしていく上でも
重要な項目です。

苦手意識をお持ちの方も
いらっしゃると思いますが、
大切なことですので

毎日数字に触れて
徐々に慣れていきましょう。

この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です