2017/06/27

MYUSとのトラブルを上手に解決する方法

 

アメリカから輸入する場合
転送会社経由での仕入れは
欠かせない選択肢の1つです。

アメリカにはたくさんの
転送会社がありますが
その中でも1番の大手は
フロリダにあるMYUSです。

MYUSは数ある転送会社の中でも
トップレベルの輸送レート
もっています。

これはDHLやFedexなど
各クーリエと大口の
契約をしているため
実現する輸送レートです。

そのため初心者の方でも
比較的安く国際送料を抑え
仕入れすることができます。

ですが、日本語が通じないがため
英語ができない方はトラブルや
何か問い合わせをしたいときに
とても不憫さを感じるでしょう。

そこで今回はMYUSとのトラブルを
上手に解決する方法をご紹介します。

MYUSとのトラブルを上手に解決する方法

MYUSへの問い合わせ方法としては

  • 電話
  • メール
  • チャット

この3つの方法があります。

お気づきかと思いますが
早期に、そしてリアルタイムに
トラブルを解決するには
チャットを使いましょう。

電話は英語が話せないといけませんし
メールは返信が遅く早期に問題を
解決したい場合に向いていません。

チャットは上記2点のデメリットを
補うことができるため
非常に便利です。

チャットへのアクセス方法

MYUSのアカウント下部から

Contact us → Chat now

をクリックすると上記のような
画面が出てくるので記入し
chat nowをクリックすると
オペレーターへのコンタクト画面に
切り替わります。

パチっという音とともに
オペレーターからのメッセージがくれば
チャット開始です。

チャットの前に用意しておくこと

チャットにアクセスする前に
以下のことを控えておきましょう。

①問い合わせ内容の英文

オペレーターに繋がったら
用意してある英文をコピペすれば
すぐにこちらの意図が伝わります。

チャットはメールとは違い
リアルタイムのやり取りなので
想定できる内容は用意しておくと
スムーズにことが進みます。

②自分のsuiteナンバー

たまに自分のsuiteナンバーを
聞かれることがあるので、
こちらも控えておきましょう。

オペレーターはsuiteナンバーで
現状を確認してくれます。

③荷物のパッケージID

オペレーターが問題となる荷物を
確認する場合に必要になります。

すでに到着している荷物に関して
問い合わせをしたい場合は
パッケージIDを控えておきましょう。

「Ready to Send」の画面で
確認できます。

オペレーターにうまく伝える方法

そうはいっても文章で
うまく伝えられるか不安

そういう方もいらっしゃると思います。

そんな場合は状況を伝える画像
用意しましょう。

スクリーンショットに
英語で状況説明した画像を
オペレーターに送ると
ほぼ状況を理解してくれます。

1つ注意が必要なのは
チャットではこちらか一方的に
画像を送ることができません。

ですので、オペレーターに伝え
画像を送れるようにしてもらう
必要があります。

「Since I want to explain the situation, can I send an image?」
※状況を説明したいので、画像を送ってもいいですか?

こう伝えれば、オペレーターが
画像を送れるようにしてくれるので
スクリーンショットを貼り付けて
送りましょう。

画像はJPEGかPDFなら
問題なく送信できます。

まとめ

MYUSとのトラブルを
上手に解決する方法として

チャットを利用しましょう
ということでご紹介しました。

チャットだと一瞬で
トラブルを解決してくるので、
使わないと非常にもったいないです。

今は昔と違い、発送指示を出した後に
到着した荷物を追加することが
できなくなってしまっているのですが
チャットだと追加してくれたりします。

輸入はリードタイムが長いぶん
スピード感が重要なので、
トラブル解決にもスピード感を持って
解決できるようにしていきましょう。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です