2017/04/08

【Amazon輸入ビジネス】卸業者に送金するときのpaypalの使い方

 

paypalはAmazon輸入をするときに
欠かせないサービスの1つです。

みなさん使用されていますよね?

Amazon.comでは残念ながら
連携していないので
初めて使う場面はebayから
仕入するときだと思います。

とても便利なpayaplですが
ebayからだけでなく
卸業者への送金など、
ありとあらゆる場面で
活用できます。

その活用法をシェアします。

卸業者に送金するときのpaypalの使い方

  • paypalとは?
  • 海外送金方法
  • 決済する時の注意点

paypalとは?

PayPal(ペイパル)とは
アメリカ企業PayPal社が
提供するオンライン決済サービスです。

PayPalを使うとネット上で
安全に国内外の支払い決済や
海外送金が可能となります。

メールアドレスとクレジットカードがあれば
無料でアカウントを作れてしまいます。

もちろん口座維持費や支払による
手数料は無料です。

また、ほとんどのクレジットカードに
対応していて
金銭の授受をpaypalが仲介するため
取引先にクレジットカード番号や
銀行の口座番号を知らせる必要が
ないのも安心できるところです。

またトラブルが発生した際も
購入金額が補償される
買い手保護プログラムがあります。

ただし現物がないとダメです。

海外送金方法

海外送金の方法は大きく分けて2つです。

  • こちらが直接振り込む方法
  • セラーが送ってくれた請求書に
    入金する方法

直接振り込む方法

直接振り込む場合は先方の
メールアドレスが必要です。

paypal

①ログイン後「支払と請求」をクリック

②「商品またはサービスの代金を払うをクリック」

②「商品またはサービスの代金を払う」をクリック

③メールアドレスを入力後「次へ」

③メールアドレスを入力後「次へ」

④支払金額を入力、配送先住所やメッセージを入力

④支払金額を入力、配送先住所やメッセージを入力

⑤支払方法から決済に使いたいカードを選択し「今すぐ払う」

⑤支払方法から決済に使いたいカードを選択し「今すぐ払う」

 

セラーが送ってくれた請求書に入金する方法

①このようなメールがくるので「pay now」をクリック

①このようなメールがくるので「pay now」をクリック

②続行を選択し、パスワードを入力しログインする

②続行を選択し、パスワードを入力しログインする

③住所やカードを選択し「同意して支払う」

③住所やカードを選択し「同意して支払う」

決済する時の注意点

限度額

PayPalのアカウント開設後の
支払い限度額は10万円に
設定されています。

そのままだと10万を超える
支払ができないので
早めにこの設定を解除してもらうように
手続きを済ませておく事をおススメします。

アカウント認証の手続きを行うことで
最大100万円まで利用枠を広げることが
できるようになります。

アカウント認証には運転免許証などの
本人確認書類が必要です。

通貨換算設定

この設定に関しては見落としている方が
多い気がします。

通貨換算オプションの設定はデフォルトで
「paypalで換算する」になっているので
「カード発行会社による換算」に切り替えましょう。

paypal

①通貨換算オプションをクリック

paypal

②カード発行会社による換算を選択

Paypalの規約ではPaypalの為替手数料は
4%となっているのですが

この設定にしておくことで
カード会社側の為替手数料に
変更になるため手数料が
だいたい2%弱に抑えられます。

まとめ

卸業者に送金するときのpaypalの使い方を
シェアしていきました。

僕はAmazon輸入を始めるまでは
payapalのことは知らなかったのですが、
慣れるととても便利なサービスです。

ですが、使い方を知らないと便利なものも
うまく活用できないですよね。

この先、皆さんが卸業者と
決済のやり取りする際に
この記事が役立てば幸いです。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です