2017/04/18

Amazon輸入のリスクについて考える

 

どんなビジネスでも進める上で
リスクはつきものです。

リスクを0にすることは難しいですが
リスクを減らすことはできます。

Amazon輸入でもいくかの
リスクが考えられます。

  • 資金リスク
  • 在庫リスク
  • ライバルリスク

などがあげられます。

今回はこれらについて
考えていきたいと思います。

資金リスク

サーフィン

  • 最初の運転資金がマイナスに
    ならないだろうか?
  • 資金はちゃんと回って
    いくのだろうか?

初心者の方はここがとても
気になるところだと思います。

結論からいうとよっぽどの
失敗をしない限り

初期投資した資金は
マイナスになる可能性は低いです。

1つ1つ商品をみるとマイナス(赤字)に
なってしまうものもでてくると思うのですが
全体でみればプラスに転じていきます。

  • 法律に引っかかる商品を
    仕入れてしまった
  • もともと利益のでない商品を
    仕入れてしまった

このようなことがないかぎり、必要以上に
恐れなくていいリスクかと思います。

在庫リスク

資金リスクと在庫リスクはセットで
考えないといけないリスクなのですが
便宜上、分けて紹介します。

黒字倒産という言葉を聞いたことが
あると思いますが

利益がでていても
資金がショートしてしまえば
倒産してしまいます。

そのため

  • 商品リサーチ
  • 自己資金に応じた仕入れ数
  • キャッシュフロー

これらはしっかり考え
取り組む必要があります。

特に初めのうちは小売仕入れから
スタートする場合がほとんでしょう。

小売仕入れ=誰でも仕入れできる

ということです。
その状況下で利幅がある商品だからといって
いきなり数十個も仕入れるのは
危険すぎます。

純利益10万を目指すにしても
1商品で目指すのではなく

1万の利益のもの10商品で10万を目指す。

このような考え方でリスク分散しながら
仕入れしていくことが大切です。

独自の仕入れルートが確保できた時は
数十個仕入れしても大丈夫です。

ライバルリスク

一番悩ましいリスクがライバルリスクです。

  • 販売開始時には出品者が増えてしまった
  • そのおかげで全然自分の商品が売れない

このような経験は
誰しもあると思います。

海外のAmazonや簡単に見つかる商品は
ライバルが増えやすい傾向にあります。

そのリスクを減らしていくには
独自の仕入れルート開拓や
新規商品出品など

完璧ではないですが
考える必要もでてきます。

ただ新規商品出品は商品ページの作り込みや
売れるカタログページになるまでに
時間がかかることは覚えておきたい
ポイントです。

まとめ

  • 資金リスク
  • 在庫リスク
  • ライバルリスク

Amazon輸入のリスクについて
考えてみました。

初めにもお伝えした通り
リスクを0にすることは難しいですが
リスクを減らすことはできます。

想定できるリスクの把握とその対策を考え
Amazon輸入ビジネスに取り組みましょう。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です