2017/05/03

Amazon輸入ビジネスのリサーチで利益がでる商品を見つける特殊な方法

 

Amazon輸入ビジネスの肝は
リサーチになります。

基礎はとても大事なので
以前の記事でAmazon輸入ビジネスに
おける基本のリサーチ方法を
ご紹介しました。

関連記事:Amazon輸入ビジネスのリサーチ方法3種類

では、リサーチ方法はこれだけか
というともちろんそうではありません。

頭をひねればいっぱい
アイディアはでてきます。

そこで今回はリサーチで
利益がでる商品を見つける
特殊な方法をご紹介致します。

Amazon輸入ビジネスのリサーチで利益がでる商品を見つける特殊な方法

  • 画像検索リサーチ
  • 実店舗リサーチ
  • リアルネットワークリサーチ

画像検索リサーチ

海外の商品で商品を見つける方法は
ASINやキーワードだけではなく
画像でも検索できます。

Amazonのカタログの商品画像を
右クリックすると

「Googleで画像を検索する」
とでるのでそこをクリックします。

リサーチ1

するとGoogleの画像検索に飛びます。

そこから「Amazon.com」のページが
見つかればよいのですが

この場合見つからなかったので
検索枠に「Amazon.com」と
入れて検索をかけます。

リサーチ2

Amazon.comのページが見つかりました。

リサーチ3
ASINがつながっていなくても
このようにすれば商品を
見つけることができます。

ASINやキーワードで見つからない場合は
ぜひこの方法を試してみてくださいね。

実店舗リサーチ

毎回同じようにリサーチしていると
同じような商品しか見かけない
というような経験はありませんか?

リサーチはパソコン上だけが
全てではありません。

実店舗に出掛けると商品を
実際に手にとって
みることができますし
思わぬ発見があることもあります。

パッケージの箱には
メーカーの会社情報
URLが記載されていますし

商品が陳列している周辺には
関連商品が山ほどあります。

てっきりアメリカの
メーカーだと思っていたら
全然違う国のメーカーだった
なんてこともあります。笑

Amazon輸入ビジネスの魅力として
場所を選ばない
パソコン1台で完結する
というメリットがあります。

ただ時には、気分転換や
新たな視点を求めて

実店舗に出掛けて
リサーチするのも
アリだと思いますよ。

リアルネットワークリサーチ

自分の周りの友人知人で
メーカーやその関係者の方などは
いませんか?

もしそのような方がいれば
リサーチをしてみて
Amazonで売れている商品であれば
取り扱いさせてもらえるように
交渉してみてはいかがでしょうか?

このブログの主題は
Amazon「輸入」ビジネスですが
国内の商品を扱うことができれば

  • 関税消費税がかからない
  • 納品に時間がかからない

というメリットが生まれます。

もちろん経緯をしっかり説明したり
交友関係に支障がない程度に
お話しすることは大前提ですが

もしそのような方がいた場合は
大きな差別化になります。

まとめ

pc3

  1. 画像検索リサーチ
  2. 実店舗リサーチ
  3. リアルネットワークリサーチ

Amazon輸入ビジネスのリサーチで
利益がでる商品を見つける
特殊な方法として
上記の3つをあげさせてもらいました。

まだまだアイディアはあると思いますが
基礎がしっかりしてきたら
自分のネットワークや
オリジナリティを活かす方法も
考えてみてはいかがでしょうか?

そのような視点が必ず
差別化へとつながっていくはずです。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です