2017/04/24

Amazon輸入ビジネスのツールについてのまとめ

 

Amazon輸入ビジネスで使えるツールは
無料、有料問わずたくさんの
ツールがあります。

ツールをうまく使う事で

  • 作業の効率化
  • 作業時間の短縮化

などが測れますね。

なかにはAmazon輸入ビジネス向けに
作られていないツールでも
Amazon輸入に利用できるものもあります。

Amazon輸入ビジネスでは
資金と時間の使い方が
大事なポイントの1つです。

資金は人によって限られてくると
思いますが、時間は立場など関係なく
みな平等です。

ツールでできるところは
作業の短縮化自動化をすることは
初心者や上級者関係なく
意識したいところですね。

そこで今回はAmazon輸入ビジネスで使える
ツールについてのまとめてみました。

Amazon輸入ビジネスでおすすめの無料リサーチツール

  1. モノレート
  2. takewari
  3. SmaSurf
  4. 世界価格比較ツール – Amadiff.com
  5. AMZ Seller Browser

これらはリサーチで仕入れ判断に使ったり
作業を効率化してくれるツール(拡張機能)です。

リサーチは1つ1つサイトページを
散策するので時間もかかり単純で
地味な作業です。

その作業を以下に効率よくできるかが
大きなポイントです。

仮に手作業で1サイトにいくのに2秒
ツールだと1秒でいけたとします。

その差はたった1秒ですが、
それが60回積み重なれば1分。

1日120サイトみたとしたら2分、
1ヶ月にしたら120分=2時間です。

経験者ならわかると思いますが
1日リサーチしてたら
あっというまに
120サイトなんて閲覧します。

たった120サイトでも2時間なので
それ以上だと大幅な差がでるのが
想像できますよね?

1秒を大切にする。

こういう意識はとても重要です。

関連記事:Amazon輸入ビジネスでおすすめの無料リサーチツール5選

Amazon輸入ビジネスでおすすめの翻訳ツール

  1. Google翻訳
  2. Ginger
  3. LINE英語翻

Amazon輸入ビジネスを行う上で
避けて通れないのが外国語です。

とくに英語は必須項目といえます。

単純にアメリカAmazonやebayから
仕入れるだけなら
ググれば解説してくれている情報が
たくさんあるのでそこまでハードルは
高くないと思います。

ですが、Amazon輸入では時として
転送会社やネットショップ、直接取引になれば

メーカーやセラーと
コミュニケーションをとる時や

なにかトラブルがあったときは
英文で、メールやチャットを
しないといけません。

そんなときに翻訳ツールが大活躍します。

ただ、これらはあくまで無料ツールのため
単語を直訳してしまいがちです。

そのため英文になると
意味がおかしくなって
しまうことが多々あります。

翻訳ツールを使って英文を作るときは

  • なるべく単文にする
  • 英訳された文章を一度変換してみる

このような一手間を加え、先方に送ることで
レスポンス率がアップします。

関連記事:Amazon輸入ビジネスでおすすめの翻訳ツール3選

Amazon輸入ビジネスの有料ツールについての考え方

作戦

無料のツールについてはわかった。
では、有料についてはどうなのか?

  • リサーチツール
  • 在庫追跡ツール
  • 価格改訂ツール
  • 顧客フォローツール

有料ツールではおおまかにこれらの機能を
有料で提供しているツールが多いです。

ですが無料・有料問わずツールは道具です。

「モノは使いよう」なのでツールは
「使う人次第」というのは大前提で
費用対効果を考えて導入するかどうか
検討しましょう。

関連記事:Amazon輸入ビジネスの有料ツールについての考え方

まとめ

まとめ

  1. Amazon輸入ビジネスでおすすめの無料リサーチツール
  2. Amazon輸入ビジネスでおすすめの翻訳ツール
  3. Amazon輸入ビジネスの有料ツールについての考え方

Amazon輸入ビジネスで使える
ツールについて上記のように
まとめてみました。

ツールを使うことでその恩恵を
受けることができると思います。

何度もいうようですが「モノは使いよう」です。

道具+あなた次第で
ツールの活き方が
変わってきます。

ぜひ色々と考えながら
ツールを使ってみてくださいね。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です