2017/04/07

輸入ビジネスでメーカー卸に海外送金する方法【後編】

 

前回の記事では、海外送金とその注意点について
触れていきました。

今回は、なぜ海外送金なのか?という点と
海外送金におすすめの銀行について
ご紹介していきます。

関連記事:輸入ビジネスでメーカー卸に海外送金する方法【後編】

輸入ビジネスでメーカー卸に海外送金する方法【後編】

  • なぜ海外送金なのか?
  • 海外送金におすすめの銀行

なぜ海外送金なのか?

前回の記事をみていただくと

海外送金って購入者から視点でみると
あまり
メリットがないのでは?

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ただ少し考えてみてください。

それは購入者からの視点であって
販売者側からの視点で考えると
その答えが見えてきます。

まずはpaypalによる販売手数料
購入者側からするとクレジットカードの
手数料だけで済みますが

販売者からするとpayalの手数料4%
かかります。

利益が4%違うとなると
かなり大きいですよね?

また銀行間取引することで
ちゃんとビジネスをしているのか?
という確認が取れることにもつながります。

そう言ったことも踏まえ貿易業では
海外送金が一般的な方法に
なっているようです。

ただ前回の記事でも書いたように
海外との取引は注意が必要ですので
まずはpaypal支払いが可能かどうか
交渉してみると良いと思います。

手数料4%をプラスで支払えば
paypalに対応してくれるケースも
あります。

海外送金におすすめの銀行

今では実店舗の銀行とそうでない
いわゆるネット銀行があります。

海外送金する上で圧倒的に便利なのは
ネット銀行です。

ネット銀行だと

  • 24時間送金可能
  • 手数料が安い
  • サポートスタッフの対応が早い
  • 送金時間が速い
  • 申込用紙や印鑑がいらない

というようなメリットがあります。

実店舗ですと手数料がおおよそ
4000〜5000円くらいかかりますが
ネット銀行だとおおよそ
1000〜2000円くらいです。
※総金額による

もしネット銀行を開設していなくて
早急に海外送金が必要!という方は

ゆうちょが実店舗型の銀行では
手数料も着金も対応も素早いので
おすすめです。

SBIレミット

ネット銀行でおなじみのSBIグループが
運営する海外送金サービス。

送金可能国は200か国以上で
手数料は国によって違いますが
主要35か国ならば480~1980円とお手頃で
中国やフィリピンが特に安いです。

SBIレミット最大のメリットは、
ネット上で送金手続きをしてから
10分~15分程度で着金するということ。

登録はかなり手軽で最短2日ほどで
サービスを利用できます。

中国輸入ではかなり重宝します。

楽天銀行

ネット銀行の楽天銀行は送金手数料が
圧倒的に安く銀行からの送金では
最安の750円です。

ただし、中継銀行手数料や為替手数料が
他の銀行と同様にかかります。

取扱通貨は65種類以上と非常に多く
着金も送金日からおおよそ1~3日
比較的早いです。

口座開設費や維持費も無料のため
おすすめです。

まとめ

輸入ビジネスでメーカー卸に海外送金する方法【後編】
ということで

  • なぜ海外送金なのか?
  • 海外送金におすすめの銀行

をご紹介していきました。

小口取引ではSBIレミットの方が
大口取引では楽天銀行の方が
手数料が安くなるようです。

いずれにしても上を目指していくと
いつか必要になる日が来ると思いますので
早めの講座開設をお勧めします。

この記事が皆さんの参考になれば
幸いです。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です