2017/04/08

【Amazon輸入ビジネス】自分の作業効率を高める方法3選

 

Amazon輸入ビジネスは日々やることが
徐々に増えていきます。

肝心のリサーチに時間を多くさきたくても
売上管理、価格改定、リピート仕入れ等々

日々の作業に追われてなかなか思うように
時間が取れないという方は少なくはない
のではないでしょうか?(とくに副業の方)

そういった場合は効率化を
考える必要があります。

ただ効率化といってもツールを使う事だけが
効率化につながるというわけではありません。

自分自身の行動をカスタマイズすることも
効率化に十分つながります。

自分の作業効率を高める方法3選【Amazon輸入ビジネス】

  • 作業をルーティン化する
  • タスクを書き出す
  • ショートカットキーの活用

作業をルーティン化させる

  • そろそろ仕入れしないとな〜
  • そろそろ利益計算しないとな〜

このようになんとな〜くで
作業してませんか?

なんとなくで作業するのは
とても非効率です。

  1. 転送日を決める
  2. 逆算して仕入れ日を決める
  3. リードタイムを考えリサーチする
  4. リサーチの精度から作業時間を割り出す

例えば、このように逆算することで
日々やることが自然に

スケジューリングされていき
目に見えてやるべきことが
導きだせます。

これは本業の人でも副業の人でも
同じですね。

なるべく日々の作業は
ルーティンワークに
落とし込みましょう。

タスクを書き出す

いざ作業をやろうと思ったときに

「あれ?何やろうとしたんだっけ?」

こんなことは誰でも
1度はあると思います。

すぐに思い出せればよいですが、
なかなか思い出せないと

それだけでだいぶ時間ロスに
なってしまいますね。

そういったことを防ぐために
タスクを書き出すということを
オススメします。

簡単にいうと「やることを書き出す
ということです。

  • ○○リサーチ
  • ○○に連絡
  • 収支管理
  • 転送指示

など自分がわかりやすい形で
良いので書き出し

終わったらチェックを入れることで
やり忘れを防ぐことにつながります

書き出すのは紙でもいいですし、
スマホでも良いと思います。

ちなみに僕は電車の移動時間を
利用して昨日までできなかったこと
今日やることなどをスマホにメモ書き
することが日課になっています。

スマホだと優先順位が高い順に
したい場合などはコピペで済みますし
消したり付け加えたりが容易なので
重宝しています。

ショートカットキーの活用

これは知っている人にとっては当たり前
知らない人にとっては今いち

メリットに感じにくいかもしれませんが
作業時間をかなりショートカットできます

Excelで作業するときはせめて
以下のショートカットキーを
知っておくとよいと思います。

WindowsとMacでキーが違いますので
以下にそれぞれのショートカットキーを
ご紹介致します。

Macのショートカットキー

  • Command + C コピー
  • Command + X カット
  • Command + V ペースト
  • Command + S 保存
  • Command + W 閉じる
  • Command + N 新規ページを起動
  • Command + F 検索
  • Command + A 全て選択
  • Command + Z 取り消し
  • Command + Y 元に戻す

Windowsのショートカットキー

  • Ctrl+C→コピー
  • Ctrl+X→切り取り
  • Ctrl+V→貼り付け
  • Ctrl+S→保存
  • Ctrl+W→閉じる
  • Ctrl+N→新規ページを起動
  • Ctrl+F→検索
  • Ctrl+A→全選択
  • Ctrl+Z→取り消し
  • Ctrl+Y→元に戻す

まとめ

  • 作業をルーティン化する
  • タスクを書き出す
  • ショートカットキーの活用

自分の作業効率を高める方法3選を
ご紹介していきました。

これらのことは1つ1つの作業だけをみると
そんなに効率的になっている感じはしないと
思いますが、1秒効率的に作業できれば

60回積み重なれば1分
600回積み重なれば10分
6000回積み重なれば100分です

このような考え方が長期的にはとても大切です。
ぜひ意識されてみてはいかかでしょうか?

自分自身の効率化に関してはこちらの記事も
よかったら参考にしてみてください。

関連記事:集中力をUPして作業の効率性をあげる方法

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です